モバイルアンカー広告

トレンド

iPhone7がフリーズ!あれ!?強制再起動(強制終了)はどうやるの!?

更新日:

実は私、iPhone7 Plusジェットブラックを愛用しているんですが、ちょっとパニクった出来事があったので覚書を。

iPhone7 Plusが突然のフリーズ!あれ!?そういえばこれボタンじゃないんだよね!?

着信履歴があったので、相手を確認し、かけなおそうと思ったら、

「あれ!?反応しない!?」

出たよ。。フリーズ。。

iPhone7 Plusに機種変更して約2週間ほどでしょうか。

きました、Appleお得意のフリーズ

まぁ、Apple製品のフリーズは普段から慣れているので、「お。。出たよぉ。。」くらいなもんで、さくっと対応しようとしました。

まずは電源を切ってみようと、スリープボタンを長押し。

反応し画面が真っ暗になって、ローディング中のクルクルに。

クルクル…。

クルクルクルクル…。

クルクルクルクルクルクル…。

「出たよ…。また固まった…。」

どうやらすこぶるご機嫌斜めなようで、素直に電源も切れようとせず、スライドバーを出すことさえもせぬまま、またまた思考停止状態へ…。

こうなってしまったら、もう仕方ないですから、強制終了するしかないですよね。

iPhoneの強制終了は「ホームボタンとスリープボタンの同時長押し」なので、同時に押しました。

カタッ…。

……。

あれ…??

カタッ…。

……。

んん…??

あ、そっかっ!!

iPhone7 Plusは物理ボタンじゃないんだ!!

そうです。。

iPhone7 / 7 Plusのホームボタンは、感圧式なのです。

これまでのホームボタンのように物理的に押し込むボタンではなく、感圧式でセンサーが圧力を検知して、「Taptic Engine」なるものが振動を起こし、それにより押し込んだような感触を再現するようになっているのです。

圧力を感知すると、「カタッ!」って感じの振動が起こり、ホームボタンを押したようなクリック感を再現しているのです。
(ちなみにこの振動の強さ、三段階からお好みのものを選べるようになっています。)

つまり、感圧式のホームボタンは、iPhoneが動作していないときには機能しないということでは?

そうです。

iOSが動いていない間は、ただの丸い凹みというわけです。

でも、言うんですよ?

「カタッ!」って。

「カタッ!」っていってるけど、これ多分ボタン効いてないよなぁ…ってことで、あれ!?じゃあどーしたらいいの!?再起動!と軽くパニックになって、Google先生に聞いてみたわけでございます。

iPhone7 / 7 Plusを強制再起動する方法が変更されていた!

はい、あっと言う間に解決ですよ。

さすがGoogle先生。

iPhone7からはどうやら強制再起動の方法が変更されていたようでした。

結論から言うと、

「スリープボタン + 音量の(−)ボタン」

これを同時に10秒以上長押しし、リンゴちゃんマークが出たら手を離すと、再起動が始まります。

ですよね。

ホームボタン以外のボタンって、もうあとは音量ボタンしかないですもの。

なるほどなるほど。

でもなんかやっつけ感が否めないのは私だけでしょうか…。

「いや、お前しかいないから。

 強制終了ってなんかマイナスなイメージじゃん?

 「落とす」って感じもマイナスにぴったりじゃん?

 お前しかいないでしょぉ〜!」

的な、消極的な理由で選抜された気がして仕方ない「音量(−)ボタン」が、なんかやっつけ感が否めないんですよね…。

まぁ、無事に再起動できたので良しとします。


スポンサードリンク




ところで、なんかiPhone7 Plus、画面の反応があまりよくないんですよね。

ポコポコやってても、一番端のやつから内側へクルッってできないし。

ちょっと調べてみると、保護フィルム剥がしたら治った!みたいな記事も見かけたので、もしかしたら感圧式な繊細な画面とフィルムの相性があまり良くないのかもですね。

ガラスが割れるのは悲惨!ということで、その悲劇を避けるためにあまり厚いフィルムやガラスをつけてしまうと、iPhoneの誤作動を招いてしまうのかもしれませんね。

より繊細になったが故。

例にもれず、私のジェットブラックちゃんもちょっと様子がおかしいこともままあるため、引き続き観察してみたいと思います。

強制再起動はあくまでも最後の手段で、機器にとってもいいものではないでしょうからね。

できるだけしたくはないところです。

フリーズしてしまったら、まずは祈りながらスリープボタンの長押しで「電源を切る」というスライダーが出てくれるのを待つ。

10秒長押しても現れなかったら、すっぱり諦めて、今回抜擢された音量(−)ボタンちゃんとスリープボタンの共同作業に委ねましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnicoをフォローしよう!

記事下2つ並び

記事下2つ並び

-トレンド

Copyright© LifeGoesOn... , 2017 AllRights Reserved.