モバイルアンカー広告

お出かけ 出産・育児 家事

赤ちゃんを抱っこする服装は?おしゃれママはプチプラ+高見え♪

投稿日:

赤ちゃんを抱っこする服装は?おしゃれママはプチプラ+高見え♪

こんにちは!
今日も防寒と動きやすさ重視な服装の私です!

私は長男を産んで6年強たちます。

妊婦の時期も含めると約7年。

子どもが大きくなってきたと思ったら
第二子、第三子の妊娠。

おしゃれというおしゃれを、
しばらくしていない気がします…



スポンサードリンク



妊娠したときから、ヒールの靴は履かなくなりました。

もともと痩せているタイプではない私でも
ぴたっとしたトップス、
おなかを締め付けるようなパンツを履かなくなりました。

髪を染めるのもあまり胎児に良くない、
と聞けば髪も染めずプリン状態。

赤ちゃんが生まれたら爪も長いと危ないので、
ネイルも落としました。

なんだかちょっとみすぼらしい…と自負しています(笑)

赤ちゃんが生まれると、
しばらくはパジャマで過ごしていました。

どうせ家から出られないし、
着替えるのすら大変に感じて、
もうパジャマでいいや、と。

その後外出できるようになっても、
もちろん赤ちゃん中心。

抱っこするのにいかに楽か。

授乳するのに都合がいいか。

動き回るのに、窮屈なものははきません。

ちょっとお出かけするのにおしゃれしたくても、
授乳があるからワンピースは着られないし、
赤ちゃんを抱っこするのにヒールも危ないので履きません。

ネックレスやイヤリングは
赤ちゃんが引きちぎって誤飲したら大変だからつけられないし、
抱っこ紐をつけるからあまりごわごわしたアウターは着られません。

汚されるから白いシャツやパンツも履かなくなりました。

旦那さんに「えっ、その格好で出かけるの?」と引かれたことも。

そもそも、子どものものばかり買っているので
自分に服を買う機会が減ってしまいました…(涙)

妊娠してから、服装がガラッと変わるママは多いと思います。

私も、なんだかどたばたと毎日育児に夢中で
ここまで服装なんてそっちのけで来てしまいました。

芸能人のママタレントや、
子どもがいる読者モデルさんのブログをみると
本当に赤ちゃんいるの!?というスタイルと
おしゃれな服装を維持していてすごいと思います。

赤ちゃんを抱っこしていても、
きっともっとおしゃれできるはずですよね。

ちょっと調べてみようと思います。

赤ちゃん抱っこでもできるおしゃれ!

①前空きや授乳口つきのワンピースなら、
ワンピースも着られる!

ワンピースが着られない悩みを解消してくれるのが、
前空きボタンのワンピースや、
授乳口がついているタイプのワンピースです!
授乳服は今では可愛いデザインも増えていますし、
服装のバリエーションを増やすのに1枚あると便利ですよね。

②高い服は買わないで、プチプラ服を買う!
おしゃれするのに高い服を着たいママも多いと思います。
出かけるから今日は気合をいれたい!というときって、
ハイブランドのものを着ると女性って気分も上がるんですよね。

でも子どもが小さい今はこらえて!

高い服を着ていて、
子どもに引っ張られたり汚されたりすると
すごく悲しくなります。

鼻水やよだれがついてしまってがっかりしてしまったり…。

おしゃれしたいからと服をかばって、
赤ちゃんに対して疎かになるのは本末転倒です。

それならあえて安い服をバリエーション多く買い、
いろいろ着まわしたほうが、
気持ちよくおしゃれができますよね。

がらがら洗濯機で洗える、
1シーズンで着つぶせるくらいのものが最適です。

プチプラのものばかりだと貧相に見える場合があるので
高見えするものを選ぶのがポイントです!

素材は綿や麻、レーヨン(シルクに似ています)などが
よろしいかと思います。

高見えする色は、黒や紺の濃い色だと言われています。

また、プチプラ服のビジューやスパンコールの装飾は、
安っぽく取れやすいし
赤ちゃんにあたると怪我をしてしまうかもしれないので
シンプルなデザインのほうが無難でしょう。

そしてできれば一点だけ、
ちょっと高いものをいれるのが高見えのポイントです。

靴やバッグがいいかもしれません。

③マザーズバッグは肩がけや手持ちよりリュックを
そしてなんといってもママの荷物は膨大!!

最小限にしたとしてもたくさんあります。

おしゃれを妨害する大量の荷物。

パンパンのバッグ。

本当は可愛いポシェットを使いたいのに…
という気持ちは抑えて(笑)

バッグはリュックにしてしまったほうが、
両手も使えて抱っこもしやすいし
背面に荷物が来るので、
コーデの邪魔をしすぎません。

リュックも今はかわいいものや、
ブランドのものもたくさんあります。

実用性があって、かわいいものを選びましょう。

でもたくさん入っても、
かっこ悪くなるので詰めすぎは禁物ですよ!

バッグには少しの余裕を持たせましょう。

④走れるフラットパンプスが優秀!
動き回るママにはスニーカーが強い味方ですが
毎日スニーカーというのもなんとなく気分が上がりません。

お出かけのときは足元にも気を使いたいもの。

そこで最近は「走れるパンプス」なるものがあるのをご存知ですか?

このパンプス、
ヒールがあるものとないもの両方ありますが
ヒールがあってもとっても履きやすくて、
走れるくらいやわらかいのです。

パンプスを履くことで、
コーデの幅がグッと広がるし、
すごくいいですよ。

赤ちゃんを抱っこするときは、
フラットなパンプスなら転倒の心配もないですよ。

そのときできるおしゃれを思い切りしよう!

いかがでしたか。

子どもが小さい今はおしゃれの幅も狭いけれど、
子どもがちょっと大きくなれば
また好きなだけおしゃれを楽しめます。

今は育児が大変で、
おしゃれなんてする気力がわかないかもしれませんが
いつもと違う格好をすると、
気分転換になったりしますよ。

女性はかわいい服を着ると気分も上がります!

今できるしゃれをしながら、
育児も楽しんでいきましょう!
赤ちゃんを抱っこする服装は?おしゃれママはプチプラ+高見え♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でnicoをフォローしよう!

関連コンテンツ



記事下2つ並びadsense

スポンサードリンク







-お出かけ, 出産・育児, 家事

Copyright© LifeGoesOn... , 2017 AllRights Reserved.